今までも、そしてこれからも

辻井木材株式会社は、明治20年の創業から130年木材卸売業を生業として現在に至るまで、日本全国各地の産地から木材を仕入れ販売してきた歴史があります。その長年培ってきた技術と経験を基に、長い時を生き抜いてきた木材が放つ自然の生命力と温もりを、今までも、そしてこれからもお客さまにお届けし続けてまいります。

木材問屋としての一歩を踏み出す。
当社の軌跡 / 明治・大正 国内・業界での出来事
明治20年 辻井重太郎により木材業を創業  
明治22年   大日本帝国憲法発布
明治29年 二条駅前で辻井木材と辻井運送店の店舗を開店 京都電灯(株)電力供給開始
明治35年   北山丸太同業組合設立
明治43年   京都材木商同業組合設立
大正 3年 第一次世界大戦始まる  
大正 7年 北米・カナダ材の直輸入を開始 米騒動起こる
大正11年 秋田杉特約店となる。入札により市売りを開始  
大正12年   関東大震災
常に業界のリーディングカンパニーとして。
当社の軌跡 / 昭和 国内・業界での出来事
昭和13年 法人に改組、辻井弥三郎により 株式会社辻井商店を設立(現在 地に社屋を新築) 国家総動員法の公布
昭和21年 辻井重郎により木材統制法解除を受け木材自営業再開 新憲法公布 初の民主選挙(女子参政権)
昭和24年 法人に改組。辻井重郎により辻井木材株式会社
を設立
京都電灯(株)電力供給開始
昭和25年 千本三条南入ルで市売りを再開 建築基準法公布
昭和29年 株式会社京都木材連合市場を設立、参加。
辻井重郎が取締社長に就任。
50銭以下の小銭廃止
昭和32年   府内木材産業代表者会議発足
( (社)京都府木材組合連合会の前身 )
昭和35年 辻井重郎を取締役社長に辻井ハウス株式会社を
設立
メートル制に伴う「用材の日本農林規格」告示
昭和39年 向日町に営業所を開設。開設記念市を開催 名神高速道路開通 
東海道新幹線営業開始 
東京オリンピック
昭和44年 市売部門を独立。辻井重郎を取締役社長に、辻井木材市売株式会社を設立 東名高速道路開通
アポロ11号人類初の月面着陸
昭和46年 敦賀営業所を開設 環境庁発足
昭和48年 浜松営業所を開設  
昭和49年 内浦営業所を開設  
昭和51年 舞鶴営業所を開設
本社ビル完成
ロッキード事件発生
成田空港開港
昭和57年 辻井重郎を取締役社長にDIY株式会社ハローランドを設立  
昭和58年 株式会社ハローランド敷地内に、京都府補助金による木造モデル住宅を建設  
昭和60年 株式会社ハローランド敷地内に、国産材供給体制整備事業のモデル住宅「欧風の家」を建設
株式会社ハローランドを辻井ハウス株式会社に
合併
電々公社と専売公社が民営化
昭和62年 6月 創業100年で京都府知事より「京の老舗」
表彰を受ける
辻井重郎を取締役社長に株式会社京都木材流通
センターを設立
 
昭和63年 創業100周年記念式典及び感謝の夕べを催す  
次代を見据え より快適な住文化の進展に寄与します。
当社の軌跡 / 平成 国内・業界での出来事
平成 3年 現地挽製品専用船を日本海側の舞鶴港に当社が初めて配船
辻井地所 (株) / 辻井モータープール (株)を設立
 
平成 5年 第3船目となる現地挽製品専用船の舞鶴港入港を
記念して舞鶴営業所でオークションを開く
賃貸マンション「スカイビュー東土川」竣工
国内インターネットサービスプロバイダ誕生
平成 7年 舞鶴営業所内において建設を進めていたプレカット工場が完成
同年 カナダ製材最大手マックミランブローデル社と舞鶴において現地挽製品合同大オークションを開催。全国より多数の業者が参集
携帯電話の加入数1000万人を超える
平成 8年 永年社団法人全日本木材市場連盟を会長として
業界をリードしてきた辻井重郎当社社長が勇退
輸入住宅分譲地「ベルビュービレッジ日吉」の
起工式を行う
 
平成 9年 辻井木材株式会社、辻井木材市売株式会社の会長に辻井重郎、社長に辻井重が就任
舞鶴プレカット工場で増設中であった第二工場が竣工
消費税5%に
平成11年 向日町営業所の一部土地を有効利用するため、「辻井木材東土川ビル」を建設のうえ、株式会社ナムコに賃貸「ナムコワンダーシティー京都南」がオープン  
平成12年 住宅性能評価機関の「ハウスプラス住宅保証株式会社」の団体受付窓口会社と認定される
プレカット事業部は高品質部材を使用しての高精度プレカット加工がみとめられ、社団法人日本住宅・木材技術センターよりAQ認証を取得
第26回主要国首脳会議 ( 沖縄サミット ) が開催
平成13年 木材流通 e-マーケットプレイス [ ZAIMOC] をオープン  
平成17年 京都府産木材認証制度に係る取扱事業認定
取得
郵政民営化関連法案が成立 ( 郵政三事業 )
平成18年

社団法人京都府木材組合連合会 会長に辻井重が
就任

合法木材供給事業者認定を取得

 
平成19年

創業120年を迎える

施主支給「まかせと木」サービスを開始

 
平成21年 辻井木材(株)とグループ4社(辻井木材市売 (株)
辻井ホームデポ(株)、辻井モータープール(株)、
辻井地所 (株))合併する
東日本大震災
平成22年 平成21年度「京都エコスタイル製品」として京都府内産杉集成材「ひなた」が認定 国による公共建築物等木材利用促進法が施行される
平成23年

舞鶴プレカット工場に最新プカット加工機導入

向日町営業所にて「辻井木材プロショップ」
オープン

 
平成24年 一般社団法人 全国木材組合連合会 副会長に
辻井重が就任。京都木材規格認定事業体認定を取得
 
平成25年 本社の一部土地を株式会社あさひに賃貸「サイクルベースあさひ二条店」がオープン 林野庁木材利用ポイント事業実施
平成27年 辻井木材株式会社 代表取締役常務に辻井大が
就任
 
平成29年 創業130年を迎える
合わせて本社全館改装
 
平成30年 辻井木材株式会社 ホームページ
リニューアル
大阪府北部地震 
今世紀最強台風21号
北海道地震